薬剤師として
派遣企業で働く方法

病院や企業

 派遣企業で働く場合、特有の働き方が出てきます。単発派遣ということがそのひとつです。期間を短期に定める雇用形態のひとつで、1日からといったことも出てきます。条件はもっと絞り込まれることになりますが、かなり短い期間にすることによって、選択の幅を広げることができるようになるでしょう。

 デメリットとしても考えられますが、病院や企業案件はかなり少ないのが基本です。これには仕組みが存在しており、労働派遣法によって縛られているところがポイントになってきます。
 病院への派遣という場合、紹介予定派遣と産休代替派遣の2つしか許されていません。つまり、この条件に当てはまらない場合、案件として出すことができないため、ほぼ見かけることがないといえます。当然ですが、紹介予定派遣に強みを持っている派遣業者であれば、見かける可能性は高まるでしょう。

 企業の場合には、案件自体が珍しくなってきます。治験コーディネーターの仕事は出てきますが、他はかなりレアなものになってくるでしょう。それでも、これまで経験があるところであれば、可能性はゼロではありません。派遣業者に登録する前に、こうした案件に強いかどうかを判断しておくことで、道を開きやすくもなるでしょう。